解決事例(債務整理、個人再生)

【個人再生】

 個人再生とは、簡単にいえば、支払不能の破産状態の場合に、

 借金を圧縮した上で3年で返済をしてゆき、残りの借金の返済を免れるという制度です。

 住宅ローンを組んで持ち家がある場合、破産をすると、

 原則的には持ち家が競売や任意売却などにより失う可能性が高いです。

 しかし、個人再生が利用できれば、住宅ローンは従前通りに支払い、

 残りの借金については圧縮して支払うことで、持ち家を維持することが出来ます。

 なお、個人再生をするにあたっては、様々な要件が備わっている必要がありますので、

 詳細は担当弁護士にご相談ください。